沖縄で痛みがないのに改善効果が高いと評判の骨盤矯正です

なかのまち整体


更年期障害でお悩みの方へ

沖縄海2.gif


今、更年期障害でお辛いあなたへ。

女性の更年期は、ホルモンバランスの乱れから様々なツライ症状が現れます。そんな更年期のツライ症状でお困りのあなたの手助けになれるよう、このページはございます。

 

あなたはこのようなことで、非常にキツクてお悩みではありませんか?

鉄症状女性.gifのサムネイル画像
  • 五十肩がどんな体勢にしても痛すぎて、苦痛でうつになりそう。
  • 腰が痛すぎて夜眠れず、うつになりそう。
  • 整体や整骨院など、どこへ行っても痛みが取れず、それよりも悪化してきている。
  • どこへいっても、いつまで経っても背中の違和感がとれず、イライラする。
  • 整体を受けて、良くなるどころか悪くなるばかり、しまいには涙が勝手に流れてきた。
今まで当院にご来院いただいた方々の声です。あなたが今50代前後でこのようなキツイ状態であるならば、これは更年期の症状です。これらは整体や整骨院などの、身体のゆがみを直すことよりも先に、当院の「分子整合栄養医学の血液検査データを元にした栄養療法」が効果があります。

更年期の身体の仕組み

当院にご来院下さった方々で50代前後の女性は、お悩みの症状が「うつになりそう」というほどキツ過ぎて、夜も眠れないという方が多いです。これは、更年期におけるホルモンバランスの乱れが原因で、痛みの感じ方が通常の数倍~10倍程度になるからと言われております。更年期の症状で、生活に支障が出るものを「更年期障害」と呼ばれております。

視床下部2017.2.11.jpg

更年期にホルモンバランスが乱れるのは、加齢によって体内の女性ホルモン(エストロゲン)が低下するのが原因です。女性ホルモンを作る場所は「卵巣」で、これが加齢によって作る量が低下すると、「女性ホルモンをもっとだして!」と脳(視床下部と下垂体)が司令をだします。そこに、脳と身体との間にバランスの崩れが起き、混乱をおこして自律神経が乱れるから、更年期の症状がでます。

もう1つは、カルシウムが問題を起こしています。体内のカルシウムの99%は「骨」に蓄えられています。更年期は女性ホルモンであるエストロゲンが低下することで、骨からカルシウムが溶け出し、カルシウムが色々な症状を引き起こします。

女性ホルモンのエストロゲンの役割は、骨からカルシウムが溶け出すのを防ぐ役目があります。しかし、更年期にエストロゲンが低下してくると、骨からカルシウムが血液に溶け出して、身体の各細胞届けられ、細胞内にカルシウムが入り込むみ細胞収縮します。これで筋肉が硬直したり、血圧が高くなるのです。カルシウムパラドックスと言われています。


  • 汗が出すぎる。(ホットフラッシュ)
  • ほてり
  • のぼせ
  • 甲状腺機能亢進症(バセドウ病)
  • 体重の増加
  • イライラする
  • 不眠
上記のような症状だけではありません。
  • 首こり
  • 肩こり
  • 肩が上がらない。(五十肩)
  • 手や腕がしびれる。
  • 肘が痛い
  • 腰痛
痛みの感じ方には個人差がございますが、「眠れないほどにキツイ」という方が多いです。患者様が当院などの整体や整骨院にお越しになるのは、上記のような身体の痛みがでるようになってからです。前述した通り、肩こり、腰痛の原因はホルモンバランスの乱れですので、ホルモンバランスを安定させることが重要になります。これは、整体よりも栄養療法が重要です。

更年期の痛みの原因

更年期障害2017.2.11.gif

更年期の痛みの原因はホルモンバランスが乱れたことで体内の新陳代謝不良になり、椎間板や関節などの軟骨がすり減ることが原因であったり、ホルモンバランスの乱れによって痩せにくくなり体重増加が椎間板や関節に負担をかけるということも原因です。また、ホルモンバランスの乱れで、上半身は熱いのに下半身が冷えていたりします。冷えは筋肉を硬直させ、新陳代謝不良をお越し、リウマチのような痛みにもなります。また、

更年期の症状は身体のゆがみを整えることも大事ですが、それ以上に、体内の栄養のバランスを整えることが重要になります。

更年期障害についての症例

①I.O(仮名)さん50代前半のケース
お悩みの症状 不眠症、体のツッパリ感。こわばり感。身体がキツクて半年間は安静にしていた。
病歴 更年期で上半身熱く下半身は寒い。(事故後、全身寒い)、パニック障害、甲状腺バセドウ病、高血圧
事故歴 数回。2年前、後部座席に乗っていて後ろから追突された。

I.Oさんは2年前の事故後、体調不良のため、他院で整体を受けたが、日に日に体調が悪くなっていった。そこの整体師さんに相談したところ、「10回ほど受ければほとんどの方が良くなるので、10回は受けてほしい。」とのことでした。しかし、2回、3回と受けるたびに体調が悪くなり、しまいには、うつぶせで整体を受けている途中、勝手に涙が出てきて、心と体がバラバラになっていくようだった。

その後の諸事情で、当院にお越しいただいて、いろいろお話を伺いました。交通事故を数回起こしており、お身体のゆがみがハッキリ出ておりましたので、通常ならば整体を勧めるほどでした。しかし、更年期前後から食が細くなり、子供の分は料理するが、自分は、自分で作った料理は食べず、甘いものを食べて生活していた。以降、諸症状が表れて、事故をきっかけにして、整体を受けたが、余計に体調不良になった。とのことでしたので、血液検査と栄養療法をすすめて、スタートいたしました。

I.Oさんは血液検査と栄養療法を始められ、2カ月経過後から体調が回復し、パニック障害のお薬と、甲状腺のお薬をやめることができるまで、回復されました。

栄養療法を進めていく中で解ったことは、I.Oさんは、お子様を出産される前からの貧血持ちだったということです。貧血をお持ちの方は、皮膚・粘膜・軟骨・骨を形成するのに必要な鉄分が不足しておりますので、体内の栄養不足によって、骨や軟骨などの質が低下していたと考えられます。

血液検査を元にした栄養療法で出来ること

患者様の体内の状態は血液検査することでわかります。タンパク質が足りていないのか、鉄分が足りていないのか、マグネシウムやカルシウムが足りていないのかなど、専門医療機関の専門医師が、患者様の60項目以上の検査データを基にして所見を出してくれます。


最後に、更年期でキツイというあなたへ

当院は今までに、老若男女、年齢・性別問わずに骨盤矯正・骨格矯正をしてきました。今後もその予定です。当院にお越しになる方で、小さい子ですと、2~3ヵ月の赤ちゃん。年配のかたですと、80代の方。また、産前産後の女性の骨盤矯正・骨格矯正など。全ての年代を骨盤矯正・骨格矯正させていただいて分かったことは、更年期障害の女性はどの年代よりも「1番痛みや不調がキツイ状態」であることです。

長年、試行錯誤して色々なお悩みを改善してきました。赤ちゃんの頭の歪み、成長期の膝の痛み、産後の骨盤の開きや体重が減らない原因など。その中で、更年期の女性の方は骨盤矯正・骨格矯正よりも、血液検査を元にした栄養療法が1番効果があるとわかりました。

今現在、更年期でお悩みのあなたは、鍼灸や整体、病院などどこに行けばよいのか?または、どこに行っても良くならないとお悩みでしたら、まずは、血液検査で専門医の所見を元にした、栄養療法をおすすめします。詳細は「栄養療法について」をご覧ください。



なかのまち整体のご案内

住      所:
〒904-0031沖縄県沖縄市上地1-16-19-1F
アクセス:
中の町バス停より徒歩1分
お問い合わせ・ご予約
098-989-8938
受付時間:
【平日】
9:30~21:00(最終受付)
【土日】
9:00~21:00(最終受付)
定休日:
旧盆、年末年始


友だち追加

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ