沖縄で痛みがないのに改善効果が高いと評判の骨盤矯正です

なかのまち整体


首の鈍痛の改善例2014.4.23

沖縄市30代女性Aさんは3ヵ月前に長距離の飛行機に乗って以来、首の鈍痛が続いていました。「鈍痛があって、こわばっている感じ」とのこと。

何件かカイロプラクティックなどに通われたそうで、そこでは、ストレートネックになっているからと、木製の首矯正枕を購入して、自宅でその枕を使用して生活していたのですが、それでもなかなか改善しないとのこと。

首の鈍痛は右側にあり、首の可動域は、右に向くと首の付け根が引っかかり向きづらく、また、頭を右に傾かせることができませんでした。初回にAさんのお身体全体を確認したら、座った状態で左右の骨盤の高さがハッキリと違い、それによって、背骨がくの字に曲がっておりました。

Aさんは、飛行機の椅子という、限られた空間で長時間、首や肩を真っ直ぐにしようとしたと考えられ、でも、背骨はくの字なため、首の付け根にズレが生じ負担がかかり、鈍痛が出ていると考えられました。初回は背骨のゆがみと首のゆがみが整うように器械を使ってじんわりと無痛で調整しました。

1週間後(2回目)特に変化は感じられないとのことでした。調整は首と上部肋骨でした。

1週間後(3回目)未だに変化はないとのことでしたが、お話の中で「最近、車の運転で後ろが向きにくいのはまだありますか?」「・・・あれ? そういえば最近あまり気にしてなかったので、・・・もしかしたら向きやすくなってるかも!」
となりました。

それから週1で2回ほど調整をお受けになったAさんにお話を伺うと、首の鈍痛が改善されているとのことでしたので、お客様の声をいただきました。

Aさんの首の鈍痛や首のこわばりは、背骨と首のゆがみを整えて改善されました。症状の出方・改善するスピードは個人差があります。

年齢が10代の方の場合、1回の調整後、その場で症状が改善されたり、逆に、ある程度の年齢になると、なかなか改善するのに時間がかかるということもございます。

また、ある程度の年齢になると、長時間同じ姿勢を取っていたということから、鈍痛が何カ月も続く、というケースが増えるようです。これは、お身体の組織の柔軟性や復元力の低下が原因と考えられます。

病院や整骨院・カイロプラクティックでなかなか改善しない。そのようなお悩みは骨格のゆがみが原因かもしれません。

なかのまち整体 天野正護

 


更新

<< 前の記事 次の記事 >>

なかのまち整体のご案内

住      所:
〒904-0031沖縄県沖縄市上地1-16-19-1F
アクセス:
中の町バス停より徒歩1分
お問い合わせ・ご予約
098-989-8938
受付時間:
【平日】
9:30~21:00(最終受付)
【土日】
9:00~21:00(最終受付)
定休日:
旧盆、年末年始


友だち追加

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ