沖縄で痛みがないのに改善効果が高いと評判の骨盤矯正です

なかのまち整体


まーてる先生の健康講座 2014月9月

先日、まーてる先生の健康講座に行って来ました。
CIMG4105.JPG


今回の講座は
①小児と大人の脳腫瘍について
②甲状腺と副腎の関係
③首の痛みについて
④宜野湾普天間基地跡に建設予定の、琉球大医学部の重粒子線治療施設(がん治療施設)で使われる放射性物質の危険性

についての講座を受けさせて頂きました。

①小児と大人の脳腫瘍について
Hea19-4.jpg小児の脳腫瘍は、妊娠中の母が甲状腺のホルモン剤であるチラージンを服用していたことと関連性があるそうです。甲状腺の病気(橋本病、バセドウ病)は身体に必要なホルモン(建物でいうところの電気、水道、ガス)に異常がでると、それを改善させるチラージン(電気、水道、ガスの大元)を服用するそうです。このチラージンがどうやら小児の脳腫瘍と関連があるそうです。

甲状腺の病気は内分泌科か内科で、脳腫瘍は脳神経外科。科が違うことで小児の脳腫瘍とチラージンの関連性がわからないそうですが、まーてる先生は今まで何千人と見てきた方の血液検査のデータがあるので、前述した見解をされています。大人の脳腫瘍については、オメガ3の油を大量に摂取して改善された方がいるそうです。

②甲状腺と副腎の関係
body_koujousen.png甲状腺の病気でホルモン剤を服用するとホルモンを出す働きをしている副腎が機能低下し副腎疲労を起こすとのこと、また、過剰な牛乳・ヨーグルトの摂取も副腎を疲労させるそうです。

③首の痛みについて
まーてる先生の持論は顎のゆがみ・コリを取らないと首の痛みは治らないとのこと。骨格調整の大先輩K先生はその話プラ首の痛み.jpgのサムネイル画像ス、股関節と腰椎のゆがみを取る事も首の痛みの軽減につながるとのことでした。骨格調整士である私は経験上納得でき、痛みのある部分だけに目が行きがちですが、身体全部はバランスを取りながら密接に関わり合っていると改めて感じました。

④宜野湾普天間基地跡に建設予定の、琉球大医学部の重粒子線治療施設(がん治療施設)で使われる放射性物質の危険性
最近まーてる先生が参加された講演会で、宜野湾の普天間基地跡に建設予定の琉球大学医学部の「重粒子線治療施設」についての話があったそうです。その時の講演会がyoutubeに音声のみでアップロードされていました。

20140618 小出裕章 沖縄大学にて講演「重粒子線治療施設」について発言

重粒子線治療で使用する重粒子線加速器は、放射線を使用するので、使用すればするほど、周辺にあるものはどんどん放射性物­質に変わってしまうとのこと。この機器の安全面や近隣に対する安全面、放射性物質をどのように後始末するか?後始末するのに何十年、何百年かかり、それにかかるお金、労働がかかるのか?がまだ不透明とのこと。
 
放射性物質を出し続ける重粒子線加速器が沖縄に本当に必要なのか?考えさせられました。
 
以上 

なかのまち整体 天野正護
 
前回の講座内容は、体質改善とは血液の質を変えること。水道水は腸内の善玉菌を殺してしまう。などでした。詳細は
まーてる先生の健康大学 2014年7月でご覧いただけます。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

まーてる先生の講演会のご案内です。

タイムス女性倶楽部 講演内容 『知らなかったではすまされない?「病気の原因は○○不足!」』

いつ? 2014年2月7日午後2時開演
どこで? かりゆしアーバンリゾート・ナハ
主催   沖縄タイムス社
お問い合わせ タイムス女性倶楽部事務局 tel098-860-3583

タイムス女性倶楽部.jpg

 



更新

<< 前の記事 次の記事 >>

なかのまち整体のご案内

住      所:
〒904-0031沖縄県沖縄市上地1-16-19-1F
アクセス:
中の町バス停より徒歩1分
お問い合わせ・ご予約
098-989-8938
受付時間:
【平日】
9:30~21:00(最終受付)
【土日】
9:00~21:00(最終受付)
定休日:
旧盆、年末年始


友だち追加

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ