沖縄で痛みがないのに改善効果が高いと評判の骨盤矯正です

なかのまち整体


『認知症と水素サプリ』講演会 2014年9月

先日「認知症と水素サプリ」の講演会に行って来ました。 日本全国で認知症患者が800万人いると言われているそうです。

骨格調整士K先生から観た認知症とその予防法


CIMG4110.JPG


認知症の方・認知症になる方の特徴は首と肩のこり。首がこって内側の動脈まで血流が悪くなり酸欠状態になると、脳が酸化して認知症になるそうです。ですので、定期的に首・肩をほぐす必要があります。(ほぐし方はお気軽にご相談ください。)
認知症首こり.jpg認知症肩こり.jpg

首・肩がこる原因
1.脚を組んだり、横座り(女の子座り)することによる股関節や身体のゆがみ。
身体の軸がズレることで、首・肩がこる。できるだけ真っ直ぐ座ったり、骨格調整で身体のゆがみをとりましょう。

2.横寝
片方を向いて横に寝ると下にしている肩が前方にゆがみます。これも首・肩のこりにつながります。四十肩、五十肩の原因にもなりますので、できるだけ真っ直ぐ寝るようにしましょう。

3.マッサージ機も首・肩こりの原因
本来、正常であるはずの骨までゆがめてしまうことがありますので、マッサージ機の使い過ぎにはご注意ください。 

また、日頃摂取している食べ物も認知症と関係があるとのこと。
牛乳、ヨーグルト、マーガリン、外食の天や物、ペットボトルのお茶、白米まどに含まれる農薬、ラクトアイス(80種類の添加物)などが挙げられます。このような酸化した食べ物や、添加物が肝臓疲労を起こして、認知症になりやすくなるそうです。肝臓疲労と認知症の関連性については、後述の まーてる先生 1.『肝臓疲労とホモシスティン酸について』で説明しております。

マーガリンは『工業用水素+植物油=プラスティック状態』。

K先生は食べる前に食べ物についている油や農薬を、クリーンコーラル(サンゴの粉)につけて、落としてから食べているそうです。これに漬けると白米の農薬や、アメリカ産のセロリに付いている油などが浮いてくるのが見えるそうです。

水素サプリ Mさん


CIMG4111.JPG

①水素の効果

1.身体の老化を抑える。(アンチエイジング)
老化=酸化
宇宙で最も小さい抗酸化物である水素は、細胞内の1番小さいミトコンドリアにも入っていける。(透過力に優れている。)
下の絵は、抗酸化物との分子量比較で、数値が大きいほど抗酸化効率は低くなります。
抗酸化物との分子量比較.gif

また、実験で血管の弾力性、拡張率がアップしたので動脈硬化を防ぐ効果がわかった。

2.リウマチなどの炎症性の病気を改善する。
炎症は活性酸素を発生させる。その活性酸素を水素が除去してくれる。
illust3006_thumb.gif

3.DNAを傷つける物質を撃退する。
身体に取り込んだ酸素の10%程度が変化して、DNAを傷つける。
DNAに傷がつくとは→ガンなどの病気になること。
このDNAを傷つける物質を水素が撃退してくれる。


②食べる水素(水素サプリ)について
健康な人は1日2粒。食後2時間後や空腹時が効果あり。ご自身が健康かどうかのチェック法は、尿が弱アルカリであるかどうかになります。健康な方は尿が弱アルカリ性で、生活習慣病などをお持ちの方は尿が酸性だそうです。尿が弱アルカリになるようにご自身で水素サプリの量を調整しながら摂取してください。目安として、ご病気をお持ちの方は、初めは1日6粒程度になるそうです。水素サプリの量を減らしても尿が弱アルカリになることを確認したら、徐々に1日の摂取量を減らしてください。尿チェックは下写真のようなリトマス試験紙で日頃からチェックしてください。

CIMG4114.JPG

・水素サプリは1カプセルで水素水の20~30リットル分に相当する。
・水と一緒に水素サプリを摂取すると、水素が体内で発生します。よって、多めの水と一緒に摂取してください。
・成分はサンゴカルシウム。
・有毒な活性酸素ヒドロキシラジカルのみを退治する。
・水素サプリを摂取するとおしっこが出やすくなる。
・便秘にも効果あり、水素サプリと水を1日2リットル摂取すること。
・体温を1度程度上げる。(免疫力が上がる。)
・弱アルカリ性を保つ。子供は弱アルカリだが、大人は酸性になりやすいから、水素サプリは効果的。
・水素は宇宙で1番小さいので、脳幹を通ることができる。(分子量100以下でないと通れない。)

③『認知症とホモシスティン酸』s大学 h教授

1.尿中のホモシスティン酸が少なくなると認知症になる
腎機能低下で尿中のホモシスティン酸が少なくなる。→血中にホモシスティン酸が出てくる→脳に到達→認知症

2.ホモシスティン酸が増える(蓄積する)原理
ストレス→血管収縮→腎機能低下→血中にホモシスティン酸→脳に到達→認知症

3.水素サプリ+全身運動=ホモシスティン酸が減る。

まーてる先生 


CIMG4112.JPG

1.『肝臓疲労とホモシスティン酸について』
正常な肝臓にメチオニンが入るとシスティン(髪・肌の原料)ができます。しかし、胆のうが詰まったり、添加物や牛乳・ヨーグルトなどを過剰摂取すると肝臓疲労が起こり、システィンの偽物であるホモシスティンができるそうです。これがホモシスティン酸として血中に流れ込むとアルツハイマーや認知症になりやすくなるそうです。

この肝臓疲労を改善するのに効果があるのが水素サプリ(酵素入り)とのこと。

2.認知症予防
前述したことの他に
身体を温める。(特に足が冷えている場合)
頭蓋骨のズレを骨格調整でとる。

今回の水素サプリとは関係ありませんが、小児と大人の脳腫瘍についてや甲状腺と副腎の関係などの健康情報は
まーてる先生の健康講座 2014月9月でご覧いただけます。


感想
まーてる先生の健康講座を受けており、良く水素の話が出てました。今回の『認知症と水素サプリ』の講演会を聞いて水素サプリを摂取する必要性、効果などがわかりました。

以上

なかのまち整体 天野正護




更新

<< 前の記事 次の記事 >>

なかのまち整体のご案内

住      所:
〒904-0031沖縄県沖縄市上地1-16-19-1F
アクセス:
中の町バス停より徒歩1分
お問い合わせ・ご予約
098-989-8938
受付時間:
【平日】
9:30~21:00(最終受付)
【土日】
9:00~21:00(最終受付)
定休日:
旧盆、年末年始


友だち追加

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ