沖縄で痛みがないのに改善効果が高いと評判の骨盤矯正です

なかのまち整体


【産後の骨盤矯正】 初回の施術でGパンが履けるようになった方の症例です。

北谷町の20代女性A.Sさんは産後2ヵ月でのご来院でした。

産後の骨盤矯正イラスト.gif
A.Sさんは初産婦さんで母乳育児。体重は妊娠前より5kg多い状態でお悩みは、

ズボンが入らない(お尻のあたり)、腰痛

でした。初回に産後の骨盤矯正で、腹囲が-0.5cm 骨盤囲が-0.8cmになり、後日(2回目)、A.Sさんにお話を伺うと「妊娠前に履いていたズボンが履けるようになった!」とのことでした。

A.Sさんは体重が妊娠前より5kg多い状態でかつ、腹囲が-0.5cm 骨盤囲が-0.8cmと数字ではあまり骨盤が動いた感じがありませんでしたが、A.Sさんはズボンが履けるようになりました。A.Sさんは体重が5kg残っていても産後の骨盤矯正でズボンが履け(ている)たというケースです。

その後、初回から約1ヵ月後(3回目)にA.Sさんの状態は初回時と比べて体重が-1kg、腹囲が-3.6cm 骨盤囲-3.5cmとなりました。産後の骨盤矯正と母乳育児の好影響と考えられます。また、里帰り中で、お母さまの愛情のこもった手料理をいただいていることも体重減少と関連がありそうです。

今まで当院に、産後6カ月程度でご来院頂いたほとんどの方は、骨盤や腹囲に変化がございます。しかし、体重に関しては減る方と、減らない方に分かれます。

減らない方は
  • 体脂肪率が35%以上ある。
  • 朝食と昼食があいまいで、菓子パンですませたり、お菓子を食べる。
  • 砂糖入りの飲み物を飲んでいる。(100%ジュースも含む)
  • パン・麺・パスタが好き。
上記のどれかに当てはまる傾向がございます。バランスの偏った食事を続けると、母乳育児でも中々体重が落ちなくなります。また、バランスの偏った食事は、甘いものが欲しくなる傾向にあります。甘い食べ物は、栄養素は少ないのに、脂肪にはなり易いです。

産後は子育てで忙しく、食事を作って、食べさせることで一杯になってしまい。ご自身は菓子パンや甘いもので済ませてしまいがちです。バランスの良い食事は作ったり、食べたりする時間が無くて大変だとは思いますが、バランスの良い食事は脂肪燃焼の手助けにもなりますし、脂肪を蓄えないという面もございます。自分の健康や見た目のためにも、また、家族のためにも、大変だとは思いますが、バランスの良い食事を3食続けていただけたらと思います。

話は変わりますが、現在、産後1年3ヵ月の3人のママさん(20代前半)が産後の骨盤矯正をお受けになられております。3人目の出産で、明らかに骨盤が以前とは違うということでした。この方は4回目(約2週間)の施術で腹囲-2cm 骨盤囲-2cmとなっております。この方の場合は、骨盤矯正にo脚矯正を加えて骨盤に変化が出ております。o脚と骨盤の開きは関係がございます。産後でかつo脚の方はo脚矯正もお受けになられるとより骨盤が締まります。


以上

なかのまち整体 天野正護

 




更新

<< 前の記事 次の記事 >>

なかのまち整体のご案内

住      所:
〒904-0031沖縄県沖縄市上地1-16-19-1F
アクセス:
中の町バス停より徒歩1分
お問い合わせ・ご予約
098-989-8938
受付時間:
【平日】
9:30~21:00(最終受付)
【土日】
9:00~21:00(最終受付)
定休日:
旧盆、年末年始


友だち追加

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ